wei

トラメ・ラ~は崖を降りずに、まっすぐ進んでいった。
しばらく行くと、いちょう並木があった。
ふと気配を感じて立ち止ると、木の陰から、wrist La Cutterの手下、Hasuが現れた。
「このHasu様と出会ったからには、お前の旅もここまでだ!」
「それはどうかな!」トラメ・ラ~はさっと構える。
「ほう。威勢だけはいいな!」
声が後ろから聞こえ、振り返ると、そこにもHasuがいた。
「フッ、驚いたか!ヒトデ仙人に弟子入りし、分裂の技を身に付けたのだ!」と言い放ったHasuの姿に、トラメ・ラ~は違和感を感じた。
よく見ると、手が顔の横から生えていた。
「ぶ、分裂失敗してますけど!?」
「フッフッフ…」
また一人、木陰からHasuが現れた。今度は顔が後ろむきに付いている。
「まだまだいるぜ!」更に四人のHasuが現れ、トラメ・ラ~を取り囲んだ。
頭にアンテナが生えたHasu、全身緑色のHasu、手足に吸盤があるHasu、まゆ毛が繋がったHasu…。
「全部間違ってるよ!?ゼロ点だよ!?」
「ゴチャゴチャうるせえ!死ねコラー!」Hasuたちは一斉に襲いかかって来た。
 
 
本物は毛が(略

3 thoughts on “wei

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください